ADHD 特徴 小学生

小学生のADHDの特徴と接し方について

スポンサーリンク

小学生の低学年ならば、授業中にも関わらず動き回る、落ち着きがないといった子供は結構いるのではないでしょうか。
ADHDという落ち着きがない、注意力の欠如、予期せぬ行動を取るを基本症状とする行動障害との違いについて悩むケースがあります。
一般的には学校や家庭でこのような症状が2つ以上あり、学校や生活に支障をきたしているようであれば専門施設の受診をお勧めしますが、その前にADHDの特徴について紹介します。
先ほどもお話しましたが、ADHDの症状として「不注意」、「他動性」、「衝動性」があげられます。
それぞれの特徴についてです。
不注意が目立つ特徴としては、忘れ物が多く、気が散りやすい、集中力が無いにもかかわらず、興味があるものには集中しすぎて切り替えが難しくなる等があります。
他動性や衝動性が目立つ特徴は、授業中に立ち歩く、衝動が抑えられずささいなことで手を出したり大声を出したり、ルールを守ることが難しいことです。
このようなことから本人の努力が足りないと誤解を受けやすく、それが否定的な評価につながり、自分に肯定的なイメージがもてない小学生になってしまうことが問題なのです。
ADHDを一つの個性として認め、子供が暮らしやすいよう、周囲の大人が導いてあげる必要があります。

スポンサーリンク

では、どのように接すればよいのでしょうか。
しつけを厳しくするだけでは症状を改善できません。
してもよいこと、悪いことは頭の中では分かっています。
しかしどのように実行していくかを自分で計画することが困難なのです。
ですから、具体的な指示が必要となります。
それも、言葉で伝わりにくい場合は、絵に描いたり、チェックリストを用いたりします。
集中力を高めるには周囲からの刺激を極力少なくするようにして、部屋の隅や三角コーナーを学習の場にするとよいでしょう。
好ましくない行動が見られた時は少し遠くで見守ります。
叱るのではなく、「次はこうしてみたらどうかなあ」と代わりになる行動を示してみましょう。
大声で感情的に注意せず、穏やかな口調で具体的に指示をだし、成功した時はすかさずほめるようにしましょう。
ADHDの子供達が自己背定感を強め、自信がもてるよう、できたことはすぐにほめて、温かく見守っていくことがとても大切なことなのです。

スポンサーリンク

 

 

ADHDを自分で改善するには

 

ADHDをはじめとする発達障害については、症状にも自分ではなかなか気が付きにくく、対処の仕方もよくわからないというケースが非常に多いです。

 

周囲になかなか相談できる人がいないというのも、改善を難しくしている要因となっています。
本当は専門家に相談できればいいのですが、どのように相談すればいいのかもよくわからないですよね。

 

このように、なかなか相談できる人がいないという時には、
自分で症状を改善するための方法を勉強するということも大切になってきます。

 

複数の方が発達障害を改善するために活用したマニュアルもありますので、
誰にも相談できずに悩んでいる方は一度目を通してみるといいかもしれませんね。