ADHD 話し方

ADHD患者の話し方の特徴は

スポンサーリンク

ADHDであると、性格や行動などさまざまな特徴が存在します。
そのADHD患者の話し方の特徴をここでは紹介したいと思います。

 

まず、どのような話し方をするのかというと、早口で文章にまとまりがない話し方をするのが特徴です。

 

注意欠陥のある発達障害であるので、とにかく自分の伝えたいことを相手に伝えるのに急いでしまう、また、しっかり文章をまとめて伝えることが出来ないといった問題点があり、これは療育を行う、本人が日ごろから意識することで直すことは可能です。

 

まずは、ゆっくり話すことが出来るようになる、それが出来るようになったら文章を相手にわかりやすく伝わるよう考えて話すという練習をすることで人とのコミュニケーションがとりやすくなります。

スポンサーリンク

それでは、相手に対してわかりやすく話すためにはどのような練習をすればよいのでしょうか。

 

まずはADHDであると、すぐに考えて話すということは難しいということもあり、話す前に一呼吸おいてから話す癖をつけることが大切です。
そのようにすることで一度文章を考える時間ができ、相手に伝わるかどうか判断できるようになります。

 

また、それが出来るようになったら、必要なことを先に伝えるということが大切です。
複雑な文章を話そうとすると相手にもあまり伝わらないことが多いので、出来るだけ簡潔に、無駄のない文章を話すことを心がけましょう。
理想としては主語→1つか2つ程度の修飾語→述語という風にすることが理想です。
このようにすることで相手に必要な情報のみを伝えることが出来ます。

スポンサーリンク

 

 

ADHDを自分で改善するには

 

ADHDをはじめとする発達障害については、症状にも自分ではなかなか気が付きにくく、対処の仕方もよくわからないというケースが非常に多いです。

 

周囲になかなか相談できる人がいないというのも、改善を難しくしている要因となっています。
本当は専門家に相談できればいいのですが、どのように相談すればいいのかもよくわからないですよね。

 

このように、なかなか相談できる人がいないという時には、
自分で症状を改善するための方法を勉強するということも大切になってきます。

 

複数の方が発達障害を改善するために活用したマニュアルもありますので、
誰にも相談できずに悩んでいる方は一度目を通してみるといいかもしれませんね。