ADHD 恋愛 依存

ADHDと恋愛依存について

スポンサーリンク

ADHDとは多動性、不注意、衝動性の症状の特徴とするものであり、注意欠陥・多動性障害とも呼ばれています。

 

ADHDである人はストレス耐性が低いため、ストレス解消を求めて何かに依存する傾向があります。
恋愛依存は、不安の解消するために行っていると言われています。

 

ADHDの人は、自尊心が低く自分に劣等感を感じているため、自分のレベルの程度を妥協してしまい、ダメ男に惹かれて恋愛してしまう傾向があります。

 

「この人に愛されているから、必要とされているから、金を傘なくちゃ、愛情があるから暴力を我慢しなくちゃ、養って行かなくちゃ。
」などと思い込んでしまいます。
そしてこの人には私が必要だ、と思うのと同時に、私にはこの人が必要だ。
と思いこむ傾向があります。
ダメ男に熱中していると、体も心もボロボロに傷つくことになってしまいます。

 

そうなることを防ぐには、幼少期より劣等感を持たないこと、自尊心が低く持たないこと、親御さんが愛情もってたくさん褒めて育てることが大切と考えられています。

スポンサーリンク

ADHDの男性の場合ももちろん自尊心が低く、劣等感を感じている傾向があるため、自分にはこの程度が向いている、この程度の女性が合っていると考えてしまうため、女性と同じく何かしら問題のある相手との恋愛をする人が多いと見受けられています。

 

趣味や交友関係が浅い人の場合、熱中することなどがないと、その女性の事ばかり考えてしまい、恋愛依存に陥ってしまう傾向があります。

 

ADHDについて理解をし、仮に恋人が症状を明かしてきた場合は、身構える事はせず普通に接することが大切です。
依存する環境を作らないためにも、常に一緒にいる事ばかりせず、1人になる時間や、他に熱中できることを見つけられるよう協力してあげましょう。

スポンサーリンク

 

 

ADHDを自分で改善するには

 

ADHDをはじめとする発達障害については、症状にも自分ではなかなか気が付きにくく、対処の仕方もよくわからないというケースが非常に多いです。

 

周囲になかなか相談できる人がいないというのも、改善を難しくしている要因となっています。
本当は専門家に相談できればいいのですが、どのように相談すればいいのかもよくわからないですよね。

 

このように、なかなか相談できる人がいないという時には、
自分で症状を改善するための方法を勉強するということも大切になってきます。

 

複数の方が発達障害を改善するために活用したマニュアルもありますので、
誰にも相談できずに悩んでいる方は一度目を通してみるといいかもしれませんね。