ADHD 病院 何科

ADHDは病院の何科で診断されるのか

スポンサーリンク

ADHDは昔と比べて発達障害が一般に広まったことから現代には患者数は少なくはない病気であるとされています。
このADHDの症状があった場合は病院の何科にいけばよいのでしょうか。

 

子どもの場合に関しては、病気であれば骨折などといった外傷以外は特に何科などは考えずにとりあえず小児科に行くと診てもらえます。
ですが、小児神経科などといった小児の発達障害を専門とする科のある病院は数は少ないですが大都市にはあることが多いので大都市に住んでいる場合はこちらをおすすめします。

 

また、小児科に通っていてもしっかりとした専門家の治療やカウンセリングを受けるために定期的にこのような大都市の小児神経科や発達障害支援センターに通うことを勧められることもあります。

スポンサーリンク

>子どもだけでなくADHDは大人にも多い発達障害です。
子どもの場合は小児科にいけばよいですが、大人の場合はどうなるのでしょうか。

 

この場合は精神科もしくは心療内科になります。
精神科は敷居が高いと思っている人も多いので、このような人には心療内科を受診することをお勧めします。

 

これに関してはADHDだけでなくアスペルガー症候群などといった発達障害の疑いのある場合も同様です。

 

大人と子どもの間にある高校生くらいの子どもであれば、学校でのストレスもたまっていることもあるので、大学病院などに多くある児童精神科を取り扱っている病院が近くにあるのであれば、心療内科よりも学校のことなどもカウンセリングでよく聞いてくれるのでそちらがお勧めです。

スポンサーリンク

 

 

ADHDを自分で改善するには

 

ADHDをはじめとする発達障害については、症状にも自分ではなかなか気が付きにくく、対処の仕方もよくわからないというケースが非常に多いです。

 

周囲になかなか相談できる人がいないというのも、改善を難しくしている要因となっています。
本当は専門家に相談できればいいのですが、どのように相談すればいいのかもよくわからないですよね。

 

このように、なかなか相談できる人がいないという時には、
自分で症状を改善するための方法を勉強するということも大切になってきます。

 

複数の方が発達障害を改善するために活用したマニュアルもありますので、
誰にも相談できずに悩んでいる方は一度目を通してみるといいかもしれませんね。