ADHD 診断 3歳

3歳の子供のADHDの診断等について

スポンサーリンク

 ADHDとは注意欠如多動性障害の略称で、行動に関する障害の一種の事を言います。
子供全体の約3〜5%の割合でこの障害を持つ子供がいて、男女別で見ると少し女の子に多い傾向があります。

 

 

 具体的な症状としては不注意、多動がある、衝動的の3種類の特徴が挙げられます。
不注意で言えば忘れ物や落し物が多い、注意されても聞く事が出来ない等があります。
多動とは常に体を動かしてしまうという症状で、常に体の一部が動いていたり、せわしなく行動したりします。
最後の衝動的については、結果を考えずに行動を起こしてしまうという症状になります。
例えば順番を待つ事が出来ない、物を壊す事が多い等が挙げられます。

 

 これらの行動は3歳くらいの幼い時から兆候が現われる場合が多く、幼稚園等に通うようになってから判明するケースもあります。

スポンサーリンク

 ADHDは担当医師と面接をしたり、親から普段の生活態度を聞く等、いくつかの情報を総合的に見て診断されます。
特に普段の家や学校・幼稚園等での生活態度の情報はとても有効なので、担当医師に正しく伝える事が大切です。

 

 ちなみにこの診断を受ける年齢については、3歳くらいの時に受けるケースがとても多いと言われています。
これはADHDの兆候が3〜4歳くらいから現われやすく、また集団生活をする事で他の子供との違いに気付く事が多いためです。

 

 

 ADHDの治療方法については薬物療法や生活技術訓練、親に対する訓練等が行なわれるのが一般的です。
患者がその障害を受け入れて、尚且つ社会の中でより良い生活を出来るようにする事が一番の目的となります。

スポンサーリンク

 

 

ADHDを自分で改善するには

 

ADHDをはじめとする発達障害については、症状にも自分ではなかなか気が付きにくく、対処の仕方もよくわからないというケースが非常に多いです。

 

周囲になかなか相談できる人がいないというのも、改善を難しくしている要因となっています。
本当は専門家に相談できればいいのですが、どのように相談すればいいのかもよくわからないですよね。

 

このように、なかなか相談できる人がいないという時には、
自分で症状を改善するための方法を勉強するということも大切になってきます。

 

複数の方が発達障害を改善するために活用したマニュアルもありますので、
誰にも相談できずに悩んでいる方は一度目を通してみるといいかもしれませんね。