ADHD 薬 ストラテラ 副作用

ADHDの薬、ストラテラの副作用は

スポンサーリンク

ADHDの薬にはストラテラやコンサータなどといった薬があります。
これらの薬にはADHDの特徴である多動や集中力の欠如といったものを抑える効果があります。
ですが、これらには副作用もあるので、使用する際には注意が必要であるといえます。

 

ストラテラの副作用に関しては、うつの症状に似たような症状が出ることが多く、眩暈や動悸、頭痛などといった症状があります。
この症状に関しては、特にストレスが溜まってしまっている、学校行事などで忙しいなどといった時期に注意が必要です。

 

ですが、コンサータにも食欲がなくなったり、それによって体重が減ってしまうなどといった副作用があるので、症状を見ながら医師と相談して使用する薬を選びましょう。

スポンサーリンク

それでは、ストラテラを服用する際に副作用が出てしまった場合はどのようにするのでしょうか。
これに関しては、うつ症状に対する薬を処方されることが多く、そのため、抗うつ剤が処方されることが多いです。

 

ですが、抗うつ剤を服用していると、さらにうつ症状が悪化してしまうことも多く、特に患者が子供である際には注意が必要です。

 

ストラテラはこのような副作用はあるものの、脳や身体に後遺症を残すなどといったものはないので比較的安心して使用することが出来、ADHDの治療でも一般的なものです。
ADHDの症状そのものがおさまっているのであれば、ストラテラなどといったものは比すようなくなるのでそれを目指して治療を行いましょう。

スポンサーリンク

 

 

ADHDを自分で改善するには

 

ADHDをはじめとする発達障害については、症状にも自分ではなかなか気が付きにくく、対処の仕方もよくわからないというケースが非常に多いです。

 

周囲になかなか相談できる人がいないというのも、改善を難しくしている要因となっています。
本当は専門家に相談できればいいのですが、どのように相談すればいいのかもよくわからないですよね。

 

このように、なかなか相談できる人がいないという時には、
自分で症状を改善するための方法を勉強するということも大切になってきます。

 

複数の方が発達障害を改善するために活用したマニュアルもありますので、
誰にも相談できずに悩んでいる方は一度目を通してみるといいかもしれませんね。