ADHD 勉強できる

ADHDの子供は勉強できる子が多いってホント!?

スポンサーリンク

ADHDとは注意欠陥・多動性障害のことをいい、近頃の子供に多いとされている発達障害です。

 

この発達障害はアスペルガー症候群と似たようなものという印象を持つような人も少なくはありませんが、この2つの発達障害には大きな違いがあります。

 

まず勉強できるかどうかに関してはアスペルガー症候群は勉強できる子が多く、ADHDはそれに対してそのような子が少ないです。
というのもアスペルガー症候群はひとつの物事に集中するとものすごい集中力を発揮するので、それが勉強でも発揮されるためです。
ですが、その勉強できるという特徴は理系科目が中心であり、人の気持ちを読み取ることが苦手な面もあるため、国語などといった文型科目は苦手ということが多いです。

スポンサーリンク

ADHDの子供の勉強面に関しては多動や注意力の欠陥があることからアスペルガー症候群とは逆でひとつの物事に集中することが苦手であるため、勉強することそのものが苦手という子供が多いです。

 

そのため、中学生になると勉強しなければいけないことを自覚してテスト前になると勉強をしだしても、小学生のうちから勉強をする習慣がついていないことから頭に入らない、集中できないということが多く、そのようにならないためにも小さいうちから勉強をする習慣を身につけることが大切です。

 

また、勉強も飽きやすいので、飽きないように工夫することも必要です。
子供であると、勉強に関してはは自分の出来るところは楽しんで出来るので、出来るところから少しずつ勉強を進めていくことが大切です。

スポンサーリンク

 

 

ADHDを自分で改善するには

 

ADHDをはじめとする発達障害については、症状にも自分ではなかなか気が付きにくく、対処の仕方もよくわからないというケースが非常に多いです。

 

周囲になかなか相談できる人がいないというのも、改善を難しくしている要因となっています。
本当は専門家に相談できればいいのですが、どのように相談すればいいのかもよくわからないですよね。

 

このように、なかなか相談できる人がいないという時には、
自分で症状を改善するための方法を勉強するということも大切になってきます。

 

複数の方が発達障害を改善するために活用したマニュアルもありますので、
誰にも相談できずに悩んでいる方は一度目を通してみるといいかもしれませんね。