ADHD 2歳 症状

ADHDの2歳児にある症状は

スポンサーリンク

2歳となると健常児であると3語文程度の言葉を話し始める時期です。
その時期に言葉を話さなかったり、2語文や単語ばかりなど、周りの子どもよりも言葉の発達が遅いと発達障害を疑ってしまうことも少なくはありません。

 

それでは実際にADHDであった場合、2歳児程度であるとどのような症状があるのでしょうか。

 

まずは、いくら叱っても落ち着いていることができない、すぐに自分の興味のあるものに向かって行ってしまうという症状があります。
このような症状は子どもであればよくあることではありますが、一切制御がきかなかったりするとADHDである疑いがあります。

 

ですが、2歳児であると診断することは難しく、ただやんちゃで落ち着きのない子であって成長するとそのような症状がなくなることも多いです。

スポンサーリンク

ADHDというのは注意欠陥・多動性障害という発達障害であり、主な症状にはこの2つの周りを確認して行動することができない、落ち着きがないといったものがあげられます。

 

そのため、集団生活を送っていく上で、団体行動が苦手だったり、空気が読めなくて友達が少ないという人に多い発達障害です。

 

そのため、小さいうちに気づいてできるだけ早い段階で療育を行うだけでも大人になってからの人との接し方が大きく変わってくるので、このような行動がある場合はできるだけ早く小児精神科などをうけましょう。

 

ですが2歳児であると、自分の行動の制御ができない年齢であるため、ADHDの診断がおりることはありません。
基本的には3歳児程度から診断がおりると考えておきましょう。

スポンサーリンク

 

 

ADHDを自分で改善するには

 

ADHDをはじめとする発達障害については、症状にも自分ではなかなか気が付きにくく、対処の仕方もよくわからないというケースが非常に多いです。

 

周囲になかなか相談できる人がいないというのも、改善を難しくしている要因となっています。
本当は専門家に相談できればいいのですが、どのように相談すればいいのかもよくわからないですよね。

 

このように、なかなか相談できる人がいないという時には、
自分で症状を改善するための方法を勉強するということも大切になってきます。

 

複数の方が発達障害を改善するために活用したマニュアルもありますので、
誰にも相談できずに悩んでいる方は一度目を通してみるといいかもしれませんね。