ADHD 診断 費用

ADHDの診断と費用について

スポンサーリンク

皆さんはADHDをご存知でしょうか。
注意欠陥多動性障害とも呼ばれており、落ち着きが無かったり、集中力の持続が難しいといった症状があります。
感情を自分自身でコントロールすることが難しいだけであり、知的な遅れはありません。
大人になってからADHDが発覚するという人も存在しますが、主に7才未満の子に発症するケースが多いとされています。
褒めてあげたり、好きな事や興味のある事には積極的に行動させてサポートをしてあげる事が効果的であるとされています。
そこで、気になるのはどこで診断してもらい、だいたいどの程度の費用がかかるのかという事になってきますが、今回はADHDの診断内容、費用についてまとめていこうと思います。

スポンサーリンク

まず、ADHDの発覚を知る為には診断を受ける必要があります。
地域の療育センターや発達相談を受けられる小児科、専門家と面談が出来るクリニックなどに行き、相談や検査を行います。
かかる費用は様々ですが、地域の療育センターや発達相談センターが一番安いです。
公的機関の為、無料で検査をしてくれる所が多いです。
保険が適用される小児科などであれば、発達障害を診断するための心理検査や知能検査等が三千円程で受けられます。
保険が適用されないカウンセリングルームなどでは相談一回あたりの費用が時間制となっており、さらに検査となると数万円という事もあります。
ただし、専門家が常駐して親身に相談に乗ってくれるほか、予約日時の希望にも柔軟に対応してくれます。

 

それぞれ受ける所によってどこで診断内容の違いや費用の違いはありますが、どこで受けるかはしっかりと考えると良いかもしれません。

スポンサーリンク

 

 

ADHDを自分で改善するには

 

ADHDをはじめとする発達障害については、症状にも自分ではなかなか気が付きにくく、対処の仕方もよくわからないというケースが非常に多いです。

 

周囲になかなか相談できる人がいないというのも、改善を難しくしている要因となっています。
本当は専門家に相談できればいいのですが、どのように相談すればいいのかもよくわからないですよね。

 

このように、なかなか相談できる人がいないという時には、
自分で症状を改善するための方法を勉強するということも大切になってきます。

 

複数の方が発達障害を改善するために活用したマニュアルもありますので、
誰にも相談できずに悩んでいる方は一度目を通してみるといいかもしれませんね。