ADHD 運動神経

ADHDの子の運動神経について

スポンサーリンク

皆さんはADHDをご存知でしょうか。
注意欠陥多動性障害とも呼ばれており、7才未満の子に発症するケースが多いとされています。
知的な遅れは無いものの、感情を自分自身でうまくコントロールすることが難しいとされています。
落ち着きがなく、集中力が続かないといった症状が見られるADHDですが、きちんと褒めてあげる事や才能を伸ばすサポートをすることにより、どんどんと伸びていく事が期待できます。
では、運動神経に影響はあるのかという事ですが、ADHDの子供は運動神経が悪いかというと全くもってそうではなくて、個人差がありますが、運動神経が良いという子供も多くいます。
今回はADHDの運動神経についてまとめていこうと思います。

スポンサーリンク

まず、どのような運動が向いているのかという事ですが、チームプレイを必要とされる運動よりも、のびのびと動き、1人で思うように体を動かせる運動の方が合っているようです。
落ち着きが無く、むやみに動くとされる症状がありますが、見方を変えれば常にエネルギッシュであり、これを運動に生かす事で運動能力を伸ばす事も十分可能ではないでしょうか。
ADHDであっても、運動によって疲れが出てくると、心身ともに落ち着くため常に動き回っているわけではありません。
状態をうまく把握し、子供の可能性を引き出してあげることも大切です。
好きな事には集中力を発揮する事が多いので、興味を示す事には積極的に行動させ、しっかりとサポートをしてあげましょう。

スポンサーリンク

 

 

ADHDを自分で改善するには

 

ADHDをはじめとする発達障害については、症状にも自分ではなかなか気が付きにくく、対処の仕方もよくわからないというケースが非常に多いです。

 

周囲になかなか相談できる人がいないというのも、改善を難しくしている要因となっています。
本当は専門家に相談できればいいのですが、どのように相談すればいいのかもよくわからないですよね。

 

このように、なかなか相談できる人がいないという時には、
自分で症状を改善するための方法を勉強するということも大切になってきます。

 

複数の方が発達障害を改善するために活用したマニュアルもありますので、
誰にも相談できずに悩んでいる方は一度目を通してみるといいかもしれませんね。