ADHD 治し方

ADHDの具体的な治し方

スポンサーリンク

 ADHDとは注意欠陥・脳の機能障害の事で、忘れ物が多くなったり、常識的な行動をとる事が困難になってしまったりします。
長い間、ADHDは子供が多く発症する病気とされていましたが、近年、大人にも多く発症することが分かりました。

 

 ADHDに発症すると、社会的に不利になり、社会で生きていけなくなるので、発症した場合は、できるだけ早く治療することが大切です。

 

 ADHDの治し方として主にあげられるのは、薬物治療と行動治療です。
薬物治療では非常に有効ではありますが、効果はハッキリと別れます。
ですが、あくまでも緩和する薬の為、根本的な治療は厳しいとされています。
薬では治す事が困難な部分は「行動治療」で治すのが良いです。

スポンサーリンク

 行動治療で病気を治療するには、病院に行かないと始まりません。
評判のいい脳神経内科などに行くのが良いです。
長い間、通うことになるかもしれないので、近い所を選ぶのも良いです。

 

 行動治療での治し方はリハビリがメインとなります。
マンツーマンでコミュニティ能力を上げるトレーニングを主にします。

 

 治療は病院に大部分を担当してもらって、病院以外での治療は発症者の身近な人がやります。
治療と聞くとハードルが高いように見えるかもしれませんが、普段の生活を気をつけるだけでも十分あります。
具体的に言うと、小さい子供の場合、皿を運ばせるのは危険なので、手伝いをします。
反対に、掃除などの安全な仕事は手伝わせたりすることで、将来、しっかりと仕事が出来る様になる確率が上がります。

 

 ADHDは完治は難しいものの、社会で活躍できる程度の能力を取り戻すことは多くの場合、可能です。
治し方を見直して、頑張りましょう。

スポンサーリンク

 

 

ADHDを自分で改善するには

 

ADHDをはじめとする発達障害については、症状にも自分ではなかなか気が付きにくく、対処の仕方もよくわからないというケースが非常に多いです。

 

周囲になかなか相談できる人がいないというのも、改善を難しくしている要因となっています。
本当は専門家に相談できればいいのですが、どのように相談すればいいのかもよくわからないですよね。

 

このように、なかなか相談できる人がいないという時には、
自分で症状を改善するための方法を勉強するということも大切になってきます。

 

複数の方が発達障害を改善するために活用したマニュアルもありますので、
誰にも相談できずに悩んでいる方は一度目を通してみるといいかもしれませんね。