ADHD パニック 対処法

ADHDでパニックにならない対処法

スポンサーリンク

人前に出た時や自分が思っていたように事が進まない時などに、パニックになってしまう人は多いものです。
その多くは焦りからくるものですが、ADHDという病気のせいで人知れず悩んでいる人がいます。
ADHDは別名を注意欠陥多動性障害と呼ばれます。
病名をこのまま受け取ると、注意ができなくて動いていることが多いということになりますが、他にも症状がみられます。
大きな特徴としては、不注意と多動性と衝動性が挙げられます。
不注意としては、例えば、ケアレスミスが多かったり忘れ物・なくし物が多いことがあります。
多動性としては、落ち着かないで色々なことに手を出してしまうことがあります。
衝動性としては、急に発言したくなり場にふさわしくない事を言ってしまうこと等がみられます。

スポンサーリンク

これらの症状に本人は長年にわたって悩まされているのです。
自分ではできると思うことでも実際には失敗してしまい、そのギャップに苦しむとともに自信をなくしていきます。
このような経験があり、パニックになったことがあるという場合、よりよい生活に変えていくために対処法を考えていかなければなりません。
対処法は、当てはまる症状ひとつひとつに対して行うのがよいとされます。
例えば、忘れ物・なくし物が多いことに対しては、出かける時に持っていく物はあらかじめ一か所にまとめて置いたり、必ず通る玄関に置くようにするのを考えることができます。
細かいことかもしれませんが、このような小さいところから始めていくのが最初は良いでしょう。
対処法で共通して言えることは、何もかも完璧にやろうとせず、まずは一つずつ対処していく姿勢です。

スポンサーリンク

 

 

ADHDを自分で改善するには

 

ADHDをはじめとする発達障害については、症状にも自分ではなかなか気が付きにくく、対処の仕方もよくわからないというケースが非常に多いです。

 

周囲になかなか相談できる人がいないというのも、改善を難しくしている要因となっています。
本当は専門家に相談できればいいのですが、どのように相談すればいいのかもよくわからないですよね。

 

このように、なかなか相談できる人がいないという時には、
自分で症状を改善するための方法を勉強するということも大切になってきます。

 

複数の方が発達障害を改善するために活用したマニュアルもありますので、
誰にも相談できずに悩んでいる方は一度目を通してみるといいかもしれませんね。