ADHD 仕事 辛い

仕事が辛いADHDの方

スポンサーリンク

ADHDとは、注意欠陥多動性障害のことを言います。集中力がなく、落ち着きがないのが特徴で、子どもの頃は短に落ち着きがない子として見られることも少なくありません。しかし、ADHDは生まれつきの障害ですので、しつけなどで治るものではありません。成人のADHDの方の中には、普通に就労している方もおられますが、常に生きづらさを感じていることでしょう。注意力が散漫になりがちですので、ミスが目立つことがあります。そのせいで、上司や先輩に叱咤されることがとても辛く感じられるのです。また、ノルマのあるような職業は向いていません。プレッシャーを感じる仕事では、余計にミスが目立ってしまいます。自分自身がADHDだとわからないまま生活している方にとっては、自分はなんて社会人に向いていないのだろうと悩む方も居られるでしょう。知能的には問題がないので、社会人になってから周囲とコミュニケーションをどうやって取ればいいのか悩むこともあります。

スポンサーリンク

 

そうしたADHDの方を取り巻く就労環境は、未だにきちんと整備されているとは言い難いですので、なるべく自分にあった働き方や、生き方を選択するしかありません。仕事場に理解がある場合は、仕事の段取りをまず決めてもらい、チェックリストを用意するなどして、仕事に漏れがないかどうかを自分自身でも確認できるようにすると良いでしょう。どうしても仕事において、注意力が散漫になりがちですので、やったことを目に見える形で残しておくのは、本人のためにもなりますし、雇用側としても状態を把握できるので、良い対策だと思います。また、仕事で辛い思いをしているADHDの方について、困っていることがないか確認してあげるのも大切なことです。何から手をつけていいのか、わからない場合もあるからです。ADHDを持っていても、手順さえ守ればきちんと働けるということを、皆に知ってもらえるようにしておくことで、本人の生きづらさや働きにくさを解消してあげることができるでしょう。

スポンサーリンク

 

 

ADHDを自分で改善するには

 

ADHDをはじめとする発達障害については、症状にも自分ではなかなか気が付きにくく、対処の仕方もよくわからないというケースが非常に多いです。

 

周囲になかなか相談できる人がいないというのも、改善を難しくしている要因となっています。
本当は専門家に相談できればいいのですが、どのように相談すればいいのかもよくわからないですよね。

 

このように、なかなか相談できる人がいないという時には、
自分で症状を改善するための方法を勉強するということも大切になってきます。

 

複数の方が発達障害を改善するために活用したマニュアルもありますので、
誰にも相談できずに悩んでいる方は一度目を通してみるといいかもしれませんね。