ADHD 薬 子供 副作用

子供ににとっのADHDの薬の副作用

スポンサーリンク

ADHDとは、注意欠陥多動性障害のことであり、不注意、多動性、衝動性の見られる発達障害です。治療には薬物を用いることもあります。ADHDの治療に使う薬に、ストラテラというものがあります。これは一般名をアトモキセチンといい、選択的ノルアドレナリン再取り込み阻害薬であります。このお薬は、脳の前頭前野にある神経伝達物質であるノルアドレナリンを運ぶ働きをする物質に対して作用し、その働きをブロックします。そのおかげで、ノルアドレナリンが再取り込みされることが阻害され、ノルアドレナリンの濃度が上がります。そうして濃度が濃くなったノルアドレナリンのおかげで、集中力や注意力が高まるとされています。集中力が高まることで、人の話をきちんと最後まで聞けるようになったり、物事を順序良くやることができるようになるとされています。しかし、副作用も少なからず出る場合がありますので、注意して使用しなければなりません。特に子どもの場合は注意する必要があります。

スポンサーリンク

 

主な副作用としては、頭痛や眠気、吐き気や食欲不振などが見られます。また、口が渇いたり、逆に攻撃的になったりすることもあります。口が渇く場合は、氷を口に含むなどの対応で様子を見ても良いでしょう。特に子どもで注意しなければいけない副作用としては、体重減少や、成長遅延という部分が挙げられます。頭痛などはしばらくすると慣れて、治ってきますが、成長に関わる点は子どもにとって、とても重要です。もしも、お子さんがストラテラを服用した際に痩せてしまったりした場合は、専門医に相談して薬の量を減らしたり、服用をやめるなどの経過観察を取りましょう。しかし、自己判断で勝手に薬の服用をやめてしまうことは絶対にしないで下さい。精神科領域の薬は、きちんと専門医に相談の上、服用しなければなりません。副作用が出始めた日や、症状などをメモに取っておくと、診察の際にスムーズに相談できるでしょう。

スポンサーリンク

 

 

ADHDを自分で改善するには

 

ADHDをはじめとする発達障害については、症状にも自分ではなかなか気が付きにくく、対処の仕方もよくわからないというケースが非常に多いです。

 

周囲になかなか相談できる人がいないというのも、改善を難しくしている要因となっています。
本当は専門家に相談できればいいのですが、どのように相談すればいいのかもよくわからないですよね。

 

このように、なかなか相談できる人がいないという時には、
自分で症状を改善するための方法を勉強するということも大切になってきます。

 

複数の方が発達障害を改善するために活用したマニュアルもありますので、
誰にも相談できずに悩んでいる方は一度目を通してみるといいかもしれませんね。