ADHD チェック 子ども

子どものADHDチェック

スポンサーリンク

ADHDという障害は、「不注意」「多動性」「衝動性」が主に見られる発達障害のひとつです。日本語では、「注意欠陥多動性障害」と呼ばれており、幼稚園や学校生活で、落ち着きがない素振りから発見されることがあります。中には、ただの落ち着きがない子というだけで育ち、大人になってからADHDだったと判明する方もおられますが、なるべく早い段階で、ADHDと分かる方が、療育を受けたり治療を受けるのに最適です。ADHDは根本的には治すことができない脳の機能の偏りであり、特性のひとつとも言えますが、日常生活において、本人が生きやすくなるような工夫が必要でしょう。では、ADHDというのはどのような特徴があるのでしょうか。簡単なチェックですので、当てはまったからと言ってADHDと決めつけずに、参考までもご覧ください。ADHDの子どもは、朝起きるのが苦手だったり、早起きができません。これは概日リズム障害という体内時計が狂っている状態にあるからです。ですので、早起きを無理にさせてはいけません。

スポンサーリンク

 

元から乱れている睡眠障害のリズムが、さらに狂うことになるので、早起きの矯正や、日光浴は禁物なのです。注意力の面では、過集中と言って過度に集中することもありますが、とても気が散りやすいので、自分の興味外のことには耳を傾けていなように見えます。また、呼びかけてもぼーっとしていることがあります。忘れ物が多かったり、失くしものが多いのも特徴です。多動性の面では、集団行動が苦手で、落ち着いて人の話を聞いたり、学校の友達と行動することが苦です。集団行動を嫌がったり、一人で違うことをしているので怒られやすいです。しかし、これも ADHDの特徴のひとつなので、怒鳴ったりして叱っても効果がありません。なぜ怒られているのかが理解できないのです。また、衝動性の面では、些細なことで喧嘩をし始めたり、大声を出すという行為から、反抗的で乱暴なこと思われがちです。こう言った面がとても顕著に現れる場合には、ADHDを疑っても良いかもしれません。

スポンサーリンク

 

 

ADHDを自分で改善するには

 

ADHDをはじめとする発達障害については、症状にも自分ではなかなか気が付きにくく、対処の仕方もよくわからないというケースが非常に多いです。

 

周囲になかなか相談できる人がいないというのも、改善を難しくしている要因となっています。
本当は専門家に相談できればいいのですが、どのように相談すればいいのかもよくわからないですよね。

 

このように、なかなか相談できる人がいないという時には、
自分で症状を改善するための方法を勉強するということも大切になってきます。

 

複数の方が発達障害を改善するために活用したマニュアルもありますので、
誰にも相談できずに悩んでいる方は一度目を通してみるといいかもしれませんね。