ADHD 診断 幼児

ADHDと診断される幼児の特徴

スポンサーリンク

ADHDは脳の先天的な機能異常ですので、根本的に治すということはできませんが、うまく付き合っていくことはできます。
幼児期の早期発見により、適切な療育を受けさせることができます。
しかし、多くの幼児は動き回ったり、落ち着きがありませんので、ただ単に落ち着きがない子どもなのか、ADHDなのか判断が難しいところもあるのが実情です。
では、どのような部分があれば、ADHDと診断されるのでしょうか。
ADHDの子どもは集中力がなく、落ち着きがなかったりします。
また衝動性が強く見られますので、悪意なく、お友達を押したり叩いたりしてしまい、保育園や幼稚園でトラブルになることも少なくありません。
また、忘れっぽいという点があり、自分の持ち物と他人のものを間違えて持って帰ってしまったり、どこかに自分のものを置いてきてしまうという行為が目立ちます。
こういった部分は特に目立つようであれば、専門医によってADHDの診断が下るでしょう。

スポンサーリンク

では、そのようなADHDの診断が下った幼児には、どのような対応をしていけばよいのでしょうか。
まず、幼稚園などで先生のお話を聞かない、じっとしていられないという場合は、落ち着かせてから話し始めると良いです。絵などを使って、注意力をひきつけてから話し始めましょう。
また、ADHDの子どもは衝動性を自分の理性で抑えることは難しいです。
お友達を押したり、叩いたりしてはいけないのは何故か、そうされたらどう思うかを説明してあげましょう。
頭ごなしに叱ったりしてはいけません。
きちんと相手の気持ちを理解させるために、論理的に話を進めれば、理解してくれます。
ADHDという診断のついた子どもに対して、親や周囲は「こんなところも説明しなければいけないのか」と思うかもしれませんが、一から教えることで、やっていいことや悪いことの分別がつきますし、早ければ早いほど、後の人生を無理なく生きられます。ADHDである本人が生きやすいと思えるような生活づくりを支えてあげましょう。

スポンサーリンク

 

 

ADHDを自分で改善するには

 

ADHDをはじめとする発達障害については、症状にも自分ではなかなか気が付きにくく、対処の仕方もよくわからないというケースが非常に多いです。

 

周囲になかなか相談できる人がいないというのも、改善を難しくしている要因となっています。
本当は専門家に相談できればいいのですが、どのように相談すればいいのかもよくわからないですよね。

 

このように、なかなか相談できる人がいないという時には、
自分で症状を改善するための方法を勉強するということも大切になってきます。

 

複数の方が発達障害を改善するために活用したマニュアルもありますので、
誰にも相談できずに悩んでいる方は一度目を通してみるといいかもしれませんね。