ADHD 特徴 小学生

小学生のADHDの特徴

スポンサーリンク

ADHDは幼児期から小学校の間あたりでは、単に落ち着きがなく、そそっかしい子どもだと誤認されている場合もありますが、脳の先天的な異常による発達障害です。
小学校に上がると、保育園や幼稚園よりも決まりごとを守る生活をしなくてはなりません。
まず、学校という場所は勉強をする場所であり、社会生活の基礎を学ぶ場でもあります。
授業中もじっとしていられないため、席を頻繁に離れたり、うろうろして先生から注意されてしまうこともあります。
また、字を綺麗に書かなかったり、家での宿題に対する姿勢も低く、声をかけても取り掛かろうとしないという態度が見られます。
こうした姿勢のせいで、やる気のない子、反抗的な子だと思われてしまい、病気ではなく性格のせいにされることもあります。
もし、小学生の子どもに、以下のような特徴が見られたら、それは ADHDによるものかもしれません。
ADHDは注意力に欠け、多動性や衝動性が見られる障害です。
ですので、じっとしていることが苦手でそわそわしてしまいがちです。

 

スポンサーリンク

 

学校での授業中に、先生の話を聞いていないので、今どのページをやっているのか、わからないなどの不注意が見られます。
また、集団行動をしなければいけない場面でも、自分で勝手に動いてしまうという多動性が見られます。
叱られると余計に反抗したり、なぜ叱られているのかわからないため大声を出したりします。
また、学校の机の中やロッカーなど、整理整頓しなければいけない場所がぐちゃぐちゃで、ものをきちんと片付けられないという点もあります。
ものをどこに置いたか忘れてしまったり、持ち物をしょっちゅう忘れるという点もよく見られる点です。
こうした物事に対して、一つ一つ解決するには、メモをきちんととらせて、チェックをさせる習慣を身につけさせるしかありません。
大人になっても、同じように物事を順序良く、きちんとするには、タスク管理能力が昼用だからです。
小学生のうちに、ADHDの特徴を理解しておく必要があります。

 

スポンサーリンク

 

 

ADHDを自分で改善するには

 

ADHDをはじめとする発達障害については、症状にも自分ではなかなか気が付きにくく、対処の仕方もよくわからないというケースが非常に多いです。

 

周囲になかなか相談できる人がいないというのも、改善を難しくしている要因となっています。
本当は専門家に相談できればいいのですが、どのように相談すればいいのかもよくわからないですよね。

 

このように、なかなか相談できる人がいないという時には、
自分で症状を改善するための方法を勉強するということも大切になってきます。

 

複数の方が発達障害を改善するために活用したマニュアルもありますので、
誰にも相談できずに悩んでいる方は一度目を通してみるといいかもしれませんね。