ADHD 仕事 特徴

ADHDの特徴と仕事の関わり

スポンサーリンク

ADHDはここ20年くらいで認知されるようになってきた疾患ですので、社会に出て働いている人の中には、自分が ADHDだという認識がない方もおられると思います。
どのくらいの方が、ADHDと付き合いながら働いているかという統計はとれていませんが、大人になって初めて、自分はADHDであるということに気づいた方もおられます。
ADHDを持ちながら働くことは、時に困難であったりします。
注意力が散漫で、気が散りやすいので、周囲からはうっかりミスが絶えない人だと思われてしまいがちですが、それもADHDゆえの特徴です。
また、ADHDの方はとても単調な作業に飽きやすい傾向があります。
ですので、単調なことの繰り返しである作業などは気が散ってしまって、ミスも多くなりがちです。
プレッシャーをかけられると、過度に緊張してしまうため、時間の制約が厳しかったり、ルールが事細かに決まっている仕事もあまり得意ではないといえます。
本の校正や経理などの事務仕事は不得手なケースが多いと言えます。

 

スポンサーリンク

 

しかし、こうした特徴は個人差がありますので、全員に当てはまるわけではありません。
自分の不得手な部分を見つけたら、それを改善できるプログラムがないか探してみましょう。
もし、いつも書類に不備があるようでしたら、見直すためのチェック項目を設けて、自分でも再確認できるようにしておくと良いでしょう。
また、あまりにも今の仕事が向いていないと思われる場合は、思い切って転職するのも良いかもしれません。
単調なことには飽きやすくても、集中すると止まらないという特徴を持つ人もいます。
そういった方は、研究職に就いていたり、自分のペースでできる在宅ワークでプログラミングをしていたりもします。
また、ハローワーウでは障害者雇用枠での仕事も探せますので、 ADHDや発達障害に理解のある職場で働くのもいいかもしれません。
自分の特徴を理解して、気持ち良く働けるようにすることで、能率もアップすることでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

ADHDを自分で改善するには

 

ADHDをはじめとする発達障害については、症状にも自分ではなかなか気が付きにくく、対処の仕方もよくわからないというケースが非常に多いです。

 

周囲になかなか相談できる人がいないというのも、改善を難しくしている要因となっています。
本当は専門家に相談できればいいのですが、どのように相談すればいいのかもよくわからないですよね。

 

このように、なかなか相談できる人がいないという時には、
自分で症状を改善するための方法を勉強するということも大切になってきます。

 

複数の方が発達障害を改善するために活用したマニュアルもありますので、
誰にも相談できずに悩んでいる方は一度目を通してみるといいかもしれませんね。