ADHD 対応の仕方

ADHDの子どもへの対応の仕方

スポンサーリンク

ADHDは、先天的な脳の機能の偏りであり、根本的に治すことは今の医学ではできない障害です。
しかし、個々人の特性をしっかりと把握することで、生活が改善されることもあります。
ADHDは特に幼児期において早期発見されると、療育も受けやすく、その後の人生において自分の特性を生かした仕事に就いたり、苦手なことをカバーできるようになります。
また、親や教師も ADHDについて正しい理解を持ち、キチンとした対応の仕方を身に付けることで、接しやすくなるでしょう。
では、ADHDの子供の特徴と、対応の仕方にはどのようなものがあるのでしょうか。
ADHDは、「注力に欠ける」「多動性が見られる」「衝動性がある」という大別して3つの特徴を持ちます。
このうち、いずれかが強く出る子もいますし、均等に表れる場合もあります。
もし、子どもが注意力に欠けており、いつもそそっかし場合は、集中できる環境を整えてあげることが大切です。
例えば、家庭で勉強するスペースにはおもちゃを置かないなどの工夫をしてあげるといいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

また、気が散りやすいので、こまめに声かけをして進捗具合を見てあげるといいです。
ADHDの子の集中力は短く、気が散りがちですので、どこまでできたかを把握し、きちんと目標を達成できていたら褒めてあげるということを忘れずに行いましょう。
褒める時にシールなどを貼ってあげて、それを集めると何かに交換できるというトークンシステムを導入しても良いでしょう。
自分のやった成果が、目に見えて分かりやすいので、その後も集中しやすくなります。
また、いけないことをした時は、子ども自身を怒るのではなく、その行為がなぜ好ましくないのか、誰がどうして困るのかを説明してあげまそう。
また、指示する時は同時に幾つかのことを言うのではなく、一個ずつにしてあげてください。
頭の中がん混乱して、余計な反抗を招かないためにも重要です。
こうした小さな積み重ねで、ADHDの子供にうまく対応できるようになるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

ADHDを自分で改善するには

 

ADHDをはじめとする発達障害については、症状にも自分ではなかなか気が付きにくく、対処の仕方もよくわからないというケースが非常に多いです。

 

周囲になかなか相談できる人がいないというのも、改善を難しくしている要因となっています。
本当は専門家に相談できればいいのですが、どのように相談すればいいのかもよくわからないですよね。

 

このように、なかなか相談できる人がいないという時には、
自分で症状を改善するための方法を勉強するということも大切になってきます。

 

複数の方が発達障害を改善するために活用したマニュアルもありますので、
誰にも相談できずに悩んでいる方は一度目を通してみるといいかもしれませんね。