ADHD 大人 接し方

ADHDの大人への接し方

スポンサーリンク

ADHDとは注意欠陥多動性障害とも言い、様々なことに注意がそれてしまい一つのことに集中できない、という障害です。

 

近年では、一般的に多く知られるようになり、大人になってからわかったという人も少なくありません。

 

また、社会に出るようになって問題が少しずつ表面化しADHDと診断されたというケースもあります。

 

この障害は、見た目にはほとんど健常者と変わりないため、「大人なのに」とか「本人の努力不足」などという誤解を受けることもあります。

 

確かに、自分の職場にこの障害のある人がいたら、少なからず迷惑を被り不快感を感じるかもしれません。

 

しかし、障害を理解し工夫した接し方をするだけで、お互いにより快適な関係を築くことは可能です。

 

以下、症状によっての接し方について記していきます。

スポンサーリンク

ADHDといっても、それぞれ現れる症状は人により様々なので、その人それぞれに合った接し方が必要です。

 

まず、不注意なミスが多い人には、メモを常にとるよう指示したり、指示は簡潔に一度に複数を言わないようにする、などを実行します。

 

次に、落ち着きがなくソワソワしてしまう人には、こまめに休憩を取らせたり、周囲からの刺激のなるべく少ない位置にデスクを置くなどの対処をします。

 

また、時間の管理が難しい人には、一日に行う仕事を朝一番に書かせて、それを見ながら仕事を進めてもらう、などです。

 

障害に対して理解がない場合、誤解して苛立つ側がある一方で、障害のある人本人が己のふがいなさなどに対して一番傷ついています。

 

もっとも大切な接し方は、まず理解することです。

 

そして、互いにほんの少し努力をすることです。

 

それがひいては、障害をもつ人にとっても持たない人にとっても、心地よい環境を得ることにつながることでしょう。

スポンサーリンク

 

 

ADHDを自分で改善するには

 

ADHDをはじめとする発達障害については、症状にも自分ではなかなか気が付きにくく、対処の仕方もよくわからないというケースが非常に多いです。

 

周囲になかなか相談できる人がいないというのも、改善を難しくしている要因となっています。
本当は専門家に相談できればいいのですが、どのように相談すればいいのかもよくわからないですよね。

 

このように、なかなか相談できる人がいないという時には、
自分で症状を改善するための方法を勉強するということも大切になってきます。

 

複数の方が発達障害を改善するために活用したマニュアルもありますので、
誰にも相談できずに悩んでいる方は一度目を通してみるといいかもしれませんね。