ADHD 仕事 続かない

仕事が続かないADHDの方へ

スポンサーリンク

大人になってから発達障害と分かる方の中には、ADHDである方もおられます。
自分自身で、周囲との違和感を感じ続けて生きてきた方もおられれば、自覚なく大人になって就労した方もおられるでしょう。
ADHDという言葉が認識されるようになったのは、この20年ほどの間ですので、それまではずっと落ち着きがない人だと思われているだけだったりします。
しかし、大学生になったり、社会に出るようになって「自分はもしかしたら、ADHDなのではないか」と疑う方も増えてきました。
また、臨床的にもそう言った方々が、ADHDだと診断されるケースも増えてきました。
以前は、第一次産業が主流でしたので、お互いに助け合う仕事で何とかやってこられたものが、個人プレーが目立つような現代社会にとって変わったことで、より一層ADHDの方が際立つようになったのではないでしょうか。
ADHDの方が抱える生きづらさによって、仕事が長続きしないということも理解しなくてはなりません。
また、当事者や家族ができることを考えるべきです。

スポンサーリンク

ADHDの方は注意力が散漫になりやすく、一度に複数のことを言われてしまうと、頭が混乱してしまいます。
ですので、多数のタスクを同時にこなさなければいけない職業などは向いていないと言えます。
電話を取りながらパソコンでキーボードを叩いたり、一度に2つ以上のことができません。
ですので、オペレーターなどの仕事をやってみても、長くは続きません。
また、周りから「よく予定を忘れる」「ミスが多い」と言われるのもADHDの特徴の一つです。
ルーティンワークである単純作業などは、ハマればずっと続けて入られますが、本人にとって楽しくないものである場合は、上の空になっていることがあります。
もし、ミスが目立つようであれば、転職も視野に入れるべきでしょう。
比較的クリエイティヴな方面で、才能を発揮できますので、イラストレーターやデザイナーなどの仕事が向いています。
ご自身のキャリアを考えて、向いている仕事探しをしてみましょう。

スポンサーリンク

 

 

ADHDを自分で改善するには

 

ADHDをはじめとする発達障害については、症状にも自分ではなかなか気が付きにくく、対処の仕方もよくわからないというケースが非常に多いです。

 

周囲になかなか相談できる人がいないというのも、改善を難しくしている要因となっています。
本当は専門家に相談できればいいのですが、どのように相談すればいいのかもよくわからないですよね。

 

このように、なかなか相談できる人がいないという時には、
自分で症状を改善するための方法を勉強するということも大切になってきます。

 

複数の方が発達障害を改善するために活用したマニュアルもありますので、
誰にも相談できずに悩んでいる方は一度目を通してみるといいかもしれませんね。