ADHD 遺伝 親

ADHDは親から子へ遺伝するのか

スポンサーリンク

 

子どもを持つ人、またこれから子どもを授かりたいと思う人は皆、自分の子どもにもし病気や障害があったらどうしようと考えるでしょう。
身体的な疾患はもとより、精神的な疾患や知能の発育に関しても、健康であって欲しいと願うのは当然のことです。
精神疾患の中には、遺伝性のある疾患もありますが、ADHDは親から子へ遺伝するものなのでしょうか。
発達障害のひとつであるADHDは、脳の機能障害で、先天的なものとされています。
今の医学では根本的に治すことができませんが、ADHDの特徴を把握し、きちんと対応すれば社会に参加できるものであります。
ADHDは、脳の前頭葉にて、神経伝達物質であるドーパミンがニューロンによって運ばれないため、前頭葉の働きが弱くなっていると考えられています。
そのため、「注意力の散漫」「多動性」「衝動性」という特徴が強く出てしまいます。
また、そこに生育環境などの要因が加わり、ADHDを発症するのではないかと言われています。

 

スポンサーリンク

 

ですので、親から子への遺伝というものは、今現在は立証されていません。
少なくとも生育環境は、子どもの脳の発育を左右すると考えられていますが、遺伝性の疾患とは認められていません。
ですので、ご自身がADHDであっても、子を授かった時に、必ず ADHDであるということはありません。
むしろ、ADHDは先天性の疾患ですので、お子さんが ADHDであったとしても、ご自身を責める必要はありません。
育て方が悪いなどという偏見もありますが、生まれ持った特製のひとつとして捉えましょう。
確かに、健常な子どもに比べると、落ち着きがなかったり、言うことをなかなか聞かないという部分はあります。
しかし、ある特定の分野では、卓越した才能を持っていることもありますので、そう言った個性を尊重して、育ててあげると良いでしょう。
ADHDの脳の仕組みを理解し、順序立ててきちんと説明してあげることで、他の子どもと同じように生活していくことができますし、大人になってからのセルフコントロールにも役立ちます。

 

スポンサーリンク

 

 

ADHDを自分で改善するには

 

ADHDをはじめとする発達障害については、症状にも自分ではなかなか気が付きにくく、対処の仕方もよくわからないというケースが非常に多いです。

 

周囲になかなか相談できる人がいないというのも、改善を難しくしている要因となっています。
本当は専門家に相談できればいいのですが、どのように相談すればいいのかもよくわからないですよね。

 

このように、なかなか相談できる人がいないという時には、
自分で症状を改善するための方法を勉強するということも大切になってきます。

 

複数の方が発達障害を改善するために活用したマニュアルもありますので、
誰にも相談できずに悩んでいる方は一度目を通してみるといいかもしれませんね。