ADHD 幼児 接し方

ADHDの幼児への接し方

スポンサーリンク

ADHDの現れ方は様々ですが、幼児期に適切な接し方をすることで、社会で生きていく上で必要なスキルが身につきます。
ADHDは、昔は単に性格のせいとされていましたが、今は医学的に脳の機能の偏りや、発達の遅れであるということが分かっています。
ですので、しつけや性格のせいではありません。
ADHDの幼児はぼんやりしていたり、動き回って落ち着きがなかったりしますが、どのような接し方をすれば、きちんと大人や周囲の人の言うことを聞いてくれるのでしょうか。
ADHDの子どもは、口頭で指示されてもわからないことがよくあります。
言葉による指示が理解しづらいときは、イラストにして説明するなどの工夫をしてあげると、分かりやすくなるでしょう。
また、指示をするときは抽象的ではいけません。
具体的に「椅子に座って、戻ってくるまで待っててね」などと指示しましょう。
「そこに座ってじっとしてて」などの曖昧な表現は、何をしたら良いのか分かりづらいので避けましょう。

 

スポンサーリンク

 

また、好ましくない行動をとった場合は、なぜその行動が好ましくないのか、すぐに説明しましょう。
時間が経ってから叱られても、なぜ今叱られているのかがわからず、混乱してしまいます。
あくまでも、行為が好ましくないのであって、その子自身を否定するような言葉遣いは避けましょう。
逆に、とても褒められるべきことをしたら、些細なことでも感情を込めて褒めてあげてください。
小真達成感の積み重ねで、やればできるという自信につながります。
ADHDの子は、他の子よりも、物事に失敗しがちなので、自分に自身を持つことも、とても重要なのです。
何かできたら、ご褒美としてシールなどを集められるように、目に見えて成果がわかる工夫をしてあげるのも良いです。
ADHDの幼児に接するときは、常に本当はその子が何をしたかったのかを考え、失敗したことや成功したことを覚えていて代弁してあげると、次に接するときも気持ちがわかるので対処しやすくなるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

ADHDを自分で改善するには

 

ADHDをはじめとする発達障害については、症状にも自分ではなかなか気が付きにくく、対処の仕方もよくわからないというケースが非常に多いです。

 

周囲になかなか相談できる人がいないというのも、改善を難しくしている要因となっています。
本当は専門家に相談できればいいのですが、どのように相談すればいいのかもよくわからないですよね。

 

このように、なかなか相談できる人がいないという時には、
自分で症状を改善するための方法を勉強するということも大切になってきます。

 

複数の方が発達障害を改善するために活用したマニュアルもありますので、
誰にも相談できずに悩んでいる方は一度目を通してみるといいかもしれませんね。