ADHD うつ 仕事

ADHDの方が仕事でうつにならないために

スポンサーリンク

自分は仕事ができない、よく先輩や上司に叱られると思って悩んでいる人は少なくないでしょう。
そう言った方々の中には、アスペルガー症候群や、ADHDなどの発達障害を抱えている方もおられます。
ですが、大人になるまで気付かなかったり、社会に出て初めて、困難にあう方もおられます。
子どもの頃は、忘れっぽい子、そそっかしい子という見方をされていたかもしれませんが、よくよく考えてみると、自分は周りと少し違っていたという方もおられます。
そうして、自分自身で精神科などを受診し、「ADHDです」という診断を受ける方もおられます。
ADHDの方は、こう言った周囲とのズレに対してストレスを受けてしまい、うつ病になってしまうこともあります。
特に仕事において、プレッシャーをかけられると、余計に気が散ってしまい注意散漫になるなどして、ミスを繰り返してしまいます。
そして、ミスに対して叱責されると、また自信を喪失してしまいますので、どんどんと追い込まれていくのです。

 

スポンサーリンク

 

仕事が合わなかったり、周りがADHDという障害について理解がない場合は、うつ病が進行してしまうこともあります。
そうなる前に、自分は何ができて、何が不得意なのかを、しっかりと周囲に知ってもらうことが大切です。
就職する時も、自分にあった仕事を選べるようにしておくと良いでしょう。
時間制限の厳しい仕事や、マルチタスクが当たり前の職場は、ADHDの方がストレスを感じやすく、うつを併発しやすいと思われます。
自分自身のペースで仕事ができるフリーランサーやデザイナー、プログラマーなどが合っているかもしれません。
しかし、そう言った職業に就くためには、ある程度訓練が必要なので、職業訓練を受けることも視野に入れておくといいでしょう。
ハローワークで手続きをすれば、誰でも申し込むことが可能です。
仕事でうつ病にならないためにも、ADHDの当事者と家族が、どのような仕事や作業環境なら、無理なく働けるかを設計しておかねばなりません。

 

スポンサーリンク

 

 

ADHDを自分で改善するには

 

ADHDをはじめとする発達障害については、症状にも自分ではなかなか気が付きにくく、対処の仕方もよくわからないというケースが非常に多いです。

 

周囲になかなか相談できる人がいないというのも、改善を難しくしている要因となっています。
本当は専門家に相談できればいいのですが、どのように相談すればいいのかもよくわからないですよね。

 

このように、なかなか相談できる人がいないという時には、
自分で症状を改善するための方法を勉強するということも大切になってきます。

 

複数の方が発達障害を改善するために活用したマニュアルもありますので、
誰にも相談できずに悩んでいる方は一度目を通してみるといいかもしれませんね。