ADHD 診断 赤ちゃん

赤ちゃんがADHDという診断を受けたら

スポンサーリンク

 

ADHDは大人になるまで、周囲も本人も気がつかないケースもありますが、乳幼児期からADHDの特徴がわかりやすく出ている方もおられます。
一般的に、ADHDの赤ちゃんはよくジタバタ動き、同じ親から生まれた他の兄弟と比べて育てにくいと感じられることもあります。
抱っこを嫌がったり、視線が合わなかったりするという特徴が見られます。
赤ちゃんでも、ある程度月齢が進むと自己主張が強くなりますが、他の赤ちゃんに比べて、自分お思い通りにならないと大きな奇声をあげたりします。
しかし、赤ちゃんの場合はADHDという診断はなかなか難しいです。
ADHDは発達障害の一つですが、アスペルガー症候群なども、人に触られることを嫌がったり、似たような症状を持つことがあるためです。
衝動性や攻撃性が強く、物を壊すなどの場合は、ADHDを疑ったほうが良いかもしれません。
では、赤ちゃんでもADHDの疑いありと診断されたら、どのようなことに気をつけなければならないのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

まず、ADHDのことを理解しなくてはなりません。
ADHDは脳の先天的な異常によって起こる発達障害であり、根本的な治療方法は確立されていません。
つまり、療育というものを受けさせたり、薬物療法などで集中力を持続させたりする選択肢があります。
赤ちゃんの場合は、言葉を完全に理解しているわけではありませんので、激しく泣いたり怒ったりしている場合は、ある程度放っておいたり、静かになだめるしかありません。
大きな声で叱られると、余計癇癪を起こしてしまうからです。
幼稚園に上がるくらいの頃に、療育をスタートし、集団生活に馴染めるようにトレーニングしていくことが望ましいでしょう。
家庭内でできるトレーニングとしては、おもちゃは一個ずつ取り出して、しまってから新しいものを持ってくるなど、散らかさない方法を工夫してあげましょう。
モノが散乱してしまいがちなのは、ADHDの人によく見られるパターンです。
赤ちゃんの時期にADHDの診断を受けても、前向きに工夫の仕方を検討しましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

ADHDを自分で改善するには

 

ADHDをはじめとする発達障害については、症状にも自分ではなかなか気が付きにくく、対処の仕方もよくわからないというケースが非常に多いです。

 

周囲になかなか相談できる人がいないというのも、改善を難しくしている要因となっています。
本当は専門家に相談できればいいのですが、どのように相談すればいいのかもよくわからないですよね。

 

このように、なかなか相談できる人がいないという時には、
自分で症状を改善するための方法を勉強するということも大切になってきます。

 

複数の方が発達障害を改善するために活用したマニュアルもありますので、
誰にも相談できずに悩んでいる方は一度目を通してみるといいかもしれませんね。