ADHD 診断 年齢

ADHDと診断される年齢はいつ頃か

スポンサーリンク

ADHDという発達障害は、先天的な脳の働きの異常によるものです。
注意力がなく忘れっぽさがあり、じっとしていられない多動性が見られ、時に癇癪を起こすなどの衝動性があります。
小さな頃からジタバタと動いており、他の赤ちゃんに比べて育てにくいというお母さんもおられますが、乳幼児の頃はADHDによるものなのか、診断がつきにくいです。
では、診断が下される年齢は、だいたい何歳ぐらいなのでしょうか。
子どもによって、3歳児健診で見つかるという子もいますが、だいたいは就学前のようです。
幼稚園や保育園を卒園し、小学校に入ったタイミングで判明するようです。
やはりそこには、学校という、より規則が決められている場所に馴染めないことや、学業への支障で判明するというポイントが挙げられます。
先生の言うことを聞かない子は、幼稚園では単なるわがままと捉えられていても、学校では授業などできちんと先生の指示を守らねばなりません。

 

スポンサーリンク

 

そういった集団生活への適応の難しさや、学習障害の併発などで、ADHDの特徴が徐々に判明してくるようです。
男児では8歳前後、また女児では12歳前後と、性別によって確定診断が下る年齢が異なっているという研究もあります。
しかしながら一方で、大人になるまでADHDだと分からなかったという方もいらっしゃいます。
それは、周囲の無理解であったり、本人が気づいていないというケースで見受けられます。
しかし、ADHDに限らず、発達障害はなるべく早くに発見される方が、本人にとって生きやすいと言えるでしょう。
周囲との壁や、困難さを抱えたまま大人になると、学業や仕事の面で困ることが多くなります。
一般的には6歳から7歳ごろにADHDという診断が下されるということでしたが、その後に判明しても生活における工夫をすることは可能です。
ですので、年齢が進んでから診断されたからといって、悲観することはありません。
本人が困難を感じている程度やシチュエーションによって、対応も異なるからです。

 

スポンサーリンク

 

 

ADHDを自分で改善するには

 

ADHDをはじめとする発達障害については、症状にも自分ではなかなか気が付きにくく、対処の仕方もよくわからないというケースが非常に多いです。

 

周囲になかなか相談できる人がいないというのも、改善を難しくしている要因となっています。
本当は専門家に相談できればいいのですが、どのように相談すればいいのかもよくわからないですよね。

 

このように、なかなか相談できる人がいないという時には、
自分で症状を改善するための方法を勉強するということも大切になってきます。

 

複数の方が発達障害を改善するために活用したマニュアルもありますので、
誰にも相談できずに悩んでいる方は一度目を通してみるといいかもしれませんね。