ADHD 遺伝 確率

ADHDの原因と遺伝確率

スポンサーリンク

ADHDは多動性、衝動性、不注意という3つの症状があり、落ち着きがなく衝動的に行動したりと、私生活に支障をきたす場合があります。
子どもに多い障害ですが、大人になってからも悩まされている人もいます。
その原因は何なのか、遺伝性はあるのか、考察していきます。

 

ADHDは脳の機能障害であり、実行機能を司る前頭前野の働きが低下しているためだと考えられています。
さらに言うと、神経細胞間で情報を伝える伝達物質が十分に機能していないということです。
ドパミンやノルアドレナリンという情報伝達物質は、神経細胞間の隙間であるシナプスで情報を伝えるべく働いています。
神経細胞から放出された伝達物質は、隣の神経細胞受容体に取り込まれることで情報を伝達していきます。
しかし、伝達物質を神経受容体に取り込むことが出来ずに、情報の伝達が不十分になっていると考えられています。

スポンサーリンク

ADHDには、約20個の遺伝子が関わっていると言われています。
情報を受け取るドパミン受容体など、遺伝子の型が異なることが考えられます。
もし家族内にこのような型を持った人が多くいる場合、そうでない家族よりも発症する確率が高くなります。
糖尿病や禁止と同じで家族間で現れやすく、遺伝性というよりは家族性と言えます。
両親がADHDの場合に子どもが発症する確率は20%から50%程度、兄弟の場合は25%から35%程度と言われています。

 

自分がADHDを発症した場合、子どもにも遺伝するのではないかと心配されるかもしれません。
あくまでも家族性であり、家族間で発症確率が高くなるというものです。
自分の症状がそのままそっくり子どもに現れるわけではないということです。

スポンサーリンク

 

 

ADHDを自分で改善するには

 

ADHDをはじめとする発達障害については、症状にも自分ではなかなか気が付きにくく、対処の仕方もよくわからないというケースが非常に多いです。

 

周囲になかなか相談できる人がいないというのも、改善を難しくしている要因となっています。
本当は専門家に相談できればいいのですが、どのように相談すればいいのかもよくわからないですよね。

 

このように、なかなか相談できる人がいないという時には、
自分で症状を改善するための方法を勉強するということも大切になってきます。

 

複数の方が発達障害を改善するために活用したマニュアルもありますので、
誰にも相談できずに悩んでいる方は一度目を通してみるといいかもしれませんね。