ADHD 薬 種類

ADHDの薬の種類と効能

スポンサーリンク

ADHDの治療は、根本的に治すというものではなく、生活をしやすくするためのものです。
ですので、治療に用いる薬はありますが、これを飲めばADHDが治るというものではありません。
あくまで補助的に作用し、ADHDで現れる症状を和らげたり落ち着かせるためのものです。
症状を一時的にコントロールするものとして、使用されます。
ADHDに使用される薬には、大きく分けて「中枢神経刺激薬」と「非中枢神経刺激薬」の2つがあります。
前者にはコンサータ、後者はストラテラという薬がありますが、多くの医師が処方するのは前者の中枢神経刺激薬のコンサータであると言われています。
以前はリタリンなども処方されていましたが、薬物の濫用による被害が多く見られたので、今はリタリンを処方する精神科はほとんどありません。
コンサータは脳のドーパミンのレベルを上げる作用を持っており、集中力に欠けるADHDの方の症状に有効とされています。
衝動的な落ち着きのなさを改善する作用もあると言われています。

 

スポンサーリンク

 

一方のストラテラは、脳内のノルアドレナリンを増やし、神経機能を活性化させる作用があると言われています。
これにより、注意力が散漫になっている状態を改善し、多動性を落ち着かせるとされています。
しかし、お薬には副作用というものがつきものです。
コンサータの副作用は食欲減退や不眠、悪心、頭痛などがあります。
不眠は特にADHDの方が併発しやすい疾患ですので、注意が必要です。
ストラテラの副作用も、不眠や頭痛などがあると言われています。
これらのお薬を処方されてから、こういった症状に悩まされるようになった場合は、医師に相談して量を調節してもらったり、服用の中止を試みるなどしなくてはいけません。
勝手に飲む量を減らしたり、増やしたりすることは危険です。
ADHDの治療は薬物に頼ることなく、なるべく生活習慣の工夫で克服できると良いものですが、薬を飲まなければいけない場合は、副作用にも注意して飲むことが必要です。

 

スポンサーリンク

 

 

ADHDを自分で改善するには

 

ADHDをはじめとする発達障害については、症状にも自分ではなかなか気が付きにくく、対処の仕方もよくわからないというケースが非常に多いです。

 

周囲になかなか相談できる人がいないというのも、改善を難しくしている要因となっています。
本当は専門家に相談できればいいのですが、どのように相談すればいいのかもよくわからないですよね。

 

このように、なかなか相談できる人がいないという時には、
自分で症状を改善するための方法を勉強するということも大切になってきます。

 

複数の方が発達障害を改善するために活用したマニュアルもありますので、
誰にも相談できずに悩んでいる方は一度目を通してみるといいかもしれませんね。