ADHD 対応 職場

職場でのADHDの方に対する対応

スポンサーリンク

ADHDは子どもの頃に注意力がなかったり、落ち着きのなさから小学生頃に発見されることが多い発達障害ですが、中には大人になってから診断される方もおられます。
そういう方は、周りから「不注意な人」「そそっかしい人」と見られていただけで、本人もADHDだと気づいていなかったことがあります。
就職して仕事をするようになると、ADHDの方に対してどのように接したら良いのか、周りの理解が必要です。
職場できちんとした対応をとってもらえれば、パフォーマンスは格段に上がります。
逆に、ADHDについて無理解な職場で働いていると、ミスが目立ち、周りにも迷惑をかけてしまいます。
ADHDは根本的に治すことができないものですので、症状を軽減させるという対応が必要です。
ADHDの方の特徴は「注意力の欠如」「多動性」「衝動性」の3つに大別されます。
中でも注意力の欠如は、仕事においてとても致命的なミスに繋がります。
他の人のことが気になって、業務に集中できないなどの困難があります。

 

スポンサーリンク

 

そういう場合は、できることなら、パーテーションで区切ったりして、周りから見えないようにしてあげると、自分自身の作業に集中できるようになります。
また、忘れっぽくミスが目立ってしまうのもADHDの症状のひとつですので、細かく指示を出して、逐一報告させるようにしましょう。
あれこれ一度に指示を出すと混乱してしまい、余計に集中力が持たなくなります。
タスクリストを毎日メモで取られ、やった仕事には線を引いて消すなどのアナログな作業の方が、向いているかもしれません。
いずれにせよ、ADHDの方に対する対応は、面倒臭がらずに本人のことを考えて、曖昧な指示や言葉を使わないことが一番です。
「これ適当に仕上げておいて」などは全く何をしていいのかわかりません。
「この書類に売り上げを入力して、朝の夕方4時までに提出して」などの具体的な指示を出すように心がけましょう。
そうすることで、他の人と変わりなく、作業を進めることができます。

 

スポンサーリンク

 

 

ADHDを自分で改善するには

 

ADHDをはじめとする発達障害については、症状にも自分ではなかなか気が付きにくく、対処の仕方もよくわからないというケースが非常に多いです。

 

周囲になかなか相談できる人がいないというのも、改善を難しくしている要因となっています。
本当は専門家に相談できればいいのですが、どのように相談すればいいのかもよくわからないですよね。

 

このように、なかなか相談できる人がいないという時には、
自分で症状を改善するための方法を勉強するということも大切になってきます。

 

複数の方が発達障害を改善するために活用したマニュアルもありますので、
誰にも相談できずに悩んでいる方は一度目を通してみるといいかもしれませんね。