不安障害 ADHD

ADHDの方は不安障害も併発する

スポンサーリンク

ADHDという障害は発達障害のひとつでありますが、他の精神疾患も併発することがあります。
ADHDによる注意力の欠如のおかげで、うまく指示された通りのことができないことがあります。
次々と指示を与えられてしまうと、余計に焦ってミスをしがちになります。
そして、ミスを責められると、プレッシャーから逃げたくなってしまいます。
本人の努力不足などではなく、れっきとした病気によるものですので、本人が改善したいと思ってもなかなかうまくいきません。
その焦りや不安から、うつ病や不安障害になってしまう方もおられます。
学校や職場で、周りの話についていけないと感じたり、自分だけ作業のペースが遅くて叱られてしまうという場合、とても重圧感を感じます。
自分は他の人とどうしてうまく仕事ができないのだろう、なぜいつも叱られるのだろうと言った、人間関係に悩むようになります。
不安障害を発症する前提として、ADHDに対する無理解などがあります。

 

スポンサーリンク

 

こういったADHDの方を取り巻く環境が変わらなければ、本人がいくら努力しても不安障害から抜け出すのは難しいと思われます。
それが難しければ、理解のある職場を探すなどの転職活動が必要になりますが、不安障害を持っていると、なかなか自分に自信が持てず、自己アピールも上手くいかないと思います。
では、ADHDの方が不安障害を患ってしまった場合どうすればいいのでしょう。
まず、不安の度合いが大きいのであれば、必要に応じて抗不安薬などを処方してもらうといいでしょう。
パニック発作のように、どんなシーンで不安が襲ってくるか分かる方は、そのシーンをメモしておくと医師に伝えやすいかと思います。
自分が落ち着ける場所があるのならば、それもきちんと把握して、不安に駆られた場合の避難場所としましょう。
治療は、不安障害は治るものですので、ADHDの治療と並行して行えます。
どんな場合に不安を感じるのかを伝え、周囲にも配慮してもらえるような説明が必要なのです。

 

スポンサーリンク

 

 

ADHDを自分で改善するには

 

ADHDをはじめとする発達障害については、症状にも自分ではなかなか気が付きにくく、対処の仕方もよくわからないというケースが非常に多いです。

 

周囲になかなか相談できる人がいないというのも、改善を難しくしている要因となっています。
本当は専門家に相談できればいいのですが、どのように相談すればいいのかもよくわからないですよね。

 

このように、なかなか相談できる人がいないという時には、
自分で症状を改善するための方法を勉強するということも大切になってきます。

 

複数の方が発達障害を改善するために活用したマニュアルもありますので、
誰にも相談できずに悩んでいる方は一度目を通してみるといいかもしれませんね。