反抗挑戦性障害 ADHD

反抗挑戦性障害とADHDの違う

スポンサーリンク

反抗挑戦性障害とは、怒りに基づいた反抗、不服従、挑戦的行動の持続様式と表現され、行為障害のひとつに分類されます。
その行動は通常の児童の行動の範囲を超えたものであり、親や教師など自分よりも立場が上のものに対して起こるものであります。
この持続が少なくとも6か月以上続き、反社会的行為などの逸脱行為がないものを、反抗挑戦性障害と診断します。
6か月以上の幾つかの反抗的な行動の持続が見られることが診断の要であり、逆に言えば単発的なエピソードをもってしては、反抗挑戦性障害と診断することはできません。
この障害の、大人としばしば口論になったり、癇癪を起こすことから、ADHDとの区別がつきにくいとされています。
専門医でも、継続的に診察をしなければ、どちらの障害なのか判断がつきにくいでしょう。
ADHDの多動性や衝動性が強まっていれば、すぐに人と口論になったり、ものを破壊してしまったりという攻撃的な行動に出ます。

 

スポンサーリンク

 

しかし、反抗挑戦性障害では、ADHDに見られるような衝動性はなく、ものを壊したりという行動はあまり見られません。
どちらかというと、気をひくためにわざと他人をイラつかせたり、大人にあれこれと要求したりしてきますADHDの子どもの場合は、叫んだり喚いたりという感情が爆発するような行動に出ることが多く、その衝動性や多動性もまた、本人がコントロールすることは難しいものであります。
治療に際しても、ADHDは薬物でドーパミンやノルアドレナリンを調節することで注意力の散漫を改善することができますが、反抗挑戦性障害の場合は、薬物療法は用いられず、ソーシャルスキルトレーニングや認知療法などが用いられます。
ADHDは脳の伝達物質の異常という脳機能の障害であり、発達障害だとされていますが、反抗挑戦性障害は今の所はっきりした原因がわかっていません。
しかし、精神療法やトレーニングによって、きちんと改善することができる障害なので、前向きに取り組むことが必要です。

 

スポンサーリンク

 

 

ADHDを自分で改善するには

 

ADHDをはじめとする発達障害については、症状にも自分ではなかなか気が付きにくく、対処の仕方もよくわからないというケースが非常に多いです。

 

周囲になかなか相談できる人がいないというのも、改善を難しくしている要因となっています。
本当は専門家に相談できればいいのですが、どのように相談すればいいのかもよくわからないですよね。

 

このように、なかなか相談できる人がいないという時には、
自分で症状を改善するための方法を勉強するということも大切になってきます。

 

複数の方が発達障害を改善するために活用したマニュアルもありますので、
誰にも相談できずに悩んでいる方は一度目を通してみるといいかもしれませんね。