チック障害 ADHD

チック障害とADHDの違い

スポンサーリンク

チック障害とは頻繁な瞬き(瞬目)や、首振り、肩あげなどの不随意的運動が続く病気で、3歳から4才頃と、学童期の6歳から7歳頃に現れることが多くあります。
子どもの1割から2割が罹患すると言われていますので、決して珍しい病気ではありませんので、正しい理解が必要です。
これらの症状は一過性ものもで、チックになりやすい子どもと、そうでない子どもに分けられます。
なりやすい子どもは、対人関係においてデリケートであり、緊張しやすい子ども、不安になりやすい繊細な子どもが多いと言われています。
チックの原因は脳の線状体の異常説などがありますが、決定的なものではありません。
このチック障害と、ADHDの多動性を混同してしまうことがあります。
どちらもはたから見ると、落ち着きがなく、そわそわしているので、素人判断ではチックなのかADHDなのかわからないことがあると思います。
しかし、ADHDの多動性は衝動性も伴うことがあり、よりは快適な行為に走ることがあります。

 

スポンサーリンク

 

ADHDは脳機能の異常による発達障害で、落ち着きがなく走り回ったり、奇声をあげたりすることもあります。
また貧乏ゆすりなども目に付く行動としてあげられます。
チックの場合比較的よく見られるのは、瞬きを頻繁にする、咳払いを頻繁にする、首を振り続けたり、肩をあげたりするといった癖のようなものがずっと続くものです。
こうした行為に対して、「それをやめなさい!」と叱ったりすることはいけません。
軽度のチックの場合は遊戯療法などが用いられます。
また、重度の場合はリスパダールなどの向精神薬が用いられます。
ADHDの落ち着きのなさは、ドーパミンやノルアドレナリンの濃度を調節するものですので、コンサータやストラテラというまったく違う薬物が使用されます。
どちらの病気も疾患そのものより、疾患を持っている子どもが生活しやすいようにコントロールするということが目標とされていますので、長いスパンをかけての治療となります。

 

スポンサーリンク

 

 

ADHDを自分で改善するには

 

ADHDをはじめとする発達障害については、症状にも自分ではなかなか気が付きにくく、対処の仕方もよくわからないというケースが非常に多いです。

 

周囲になかなか相談できる人がいないというのも、改善を難しくしている要因となっています。
本当は専門家に相談できればいいのですが、どのように相談すればいいのかもよくわからないですよね。

 

このように、なかなか相談できる人がいないという時には、
自分で症状を改善するための方法を勉強するということも大切になってきます。

 

複数の方が発達障害を改善するために活用したマニュアルもありますので、
誰にも相談できずに悩んでいる方は一度目を通してみるといいかもしれませんね。