ADHD 治療 方法

ADHDの治療方法

スポンサーリンク

ADHDという障害は、先天的な脳の機能の障害でありますので、根本的に治すということはできませんが、トレーニングや薬物療法で改善することができます。
子どもの場合、治療はペアレント・トレーニングという保護者の方が具体的な対処法を学ぶトレーニングや、本人が、日々の中でどう生活したらよいかを学ぶソーシャル・スキル・トレーニングなどがあります。
これらはお薬を使わずにできる療育の一環です。
薬を使用する場合、子どもですと、アトモキセチンやメチルフェニデートというお薬を使用します。
これらはどちらも脳内のノルアドレナリンやドーパミンの不足を改善する作用があります。
治療はこのように、大別して2つの「教育・療育的支援」と「薬物療法」があり、症状によってどちらを取るかは担当の医師と相談して決めることになります。
症状によっては、薬の増量などもありますが、ADHDは薬で根本的に治るものではないので、依存しないように気をつけることが重要です。

 

スポンサーリンク

 

また、ADHDの方が併発しやすい病気として、睡眠障害もあげられます。
ADHDの方は、概日リズム障害といって、体内時計が狂っていることがありますので、不眠症を患いやすいのです。
日光をよく浴びて、早寝早起きを心がけるという、一般的な睡眠障害に対する対処法はADHDの場合は逆効果になってしまいますので、きちんと理解をしなければなりません。
また、ADHDの方の治療のゴールは「自分で感情の波をコントロールすることを身につける」という点でもありますので、どういうときにイライラしたりするのか、自分で日記をつけておくと医師との相談がしやすいと思います。
大人のADHDの場合、そそっかしくミスをしやすいということで気づかれることがありますが、どういうときにミスが多いのかを、わかる範囲で記しておくことで、後の診察がスムーズになります。
ADHDは前向きに治療に取り組めば、健常な方と変わりない生活を送れますので、諦めずに粘ってみましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

ADHDを自分で改善するには

 

ADHDをはじめとする発達障害については、症状にも自分ではなかなか気が付きにくく、対処の仕方もよくわからないというケースが非常に多いです。

 

周囲になかなか相談できる人がいないというのも、改善を難しくしている要因となっています。
本当は専門家に相談できればいいのですが、どのように相談すればいいのかもよくわからないですよね。

 

このように、なかなか相談できる人がいないという時には、
自分で症状を改善するための方法を勉強するということも大切になってきます。

 

複数の方が発達障害を改善するために活用したマニュアルもありますので、
誰にも相談できずに悩んでいる方は一度目を通してみるといいかもしれませんね。