ADHD 症状 特徴

ADHDの症状の特徴とは

スポンサーリンク

 

ADHDは日本語で、注意欠陥多動性障害といい、「注意力の欠陥」「多動性」「衝動性」が見られる先天的な障害です。
ADHDの特徴は幼児期から小学校に上がるくらいの年齢で現れます。
じっとしていられないので、先生に叱られたり注意されてしまう、ひとつの作業に集中できず飽きっぽいという注意力の散漫や多動性が見られます。
また、怒りなどをコントロールすることができず、つい感情的になってしまうので、学校のクラスメイトとすぐに喧嘩になってしまったり、手をあげてしまうこともありますので、人間関係のトラブルが起きやすいと言えます。
もっと小さな頃では、思い通りにならない場面で大声を出したり、奇声を発してしまうので、周囲が驚いてしまいます。
こうした衝動性が断続的ではなく、頻繁に起こるようでしたら、ADHDを疑ってみても良いかもしれません。
ADHDの特徴は、子どもなら誰でもある忘れっぽさや、イライラの度を超えているのが特徴です。
それらは本人がコントロールできるものではないのです。

 

スポンサーリンク

 

ですので、そういった行動が見られても、頭ごなしに叱ったりしてはいけません。
なぜ叱られているのかも分からず、余計に混乱するだけです。
注意するときは、ひとつずつ「どうしてその行動が好ましくないのか」を論理的に話してあげると良いでしょう。
「そんなことしたらダメでしょ」などの抽象的で主語がわからない文は意味が理解できません。
また、ソーシャルスキルトレーニングを受けさせるなどの療育もあります。
本人が、自分の特性を理解して、ある程度セルフコントロールできるようになるためには、親と本人が障害について正しく理解をし、場面ごとの対処法を身につける必要があります。
また、大人になってからADHDとわかった方も同様です。
なぜミスが多いのか、なぜ忘れ物が多いのかという点を改善すべく、チェックリストを徹底的に管理するという方法で、日々の生活や業務がスムーズに行えることでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

ADHDを自分で改善するには

 

ADHDをはじめとする発達障害については、症状にも自分ではなかなか気が付きにくく、対処の仕方もよくわからないというケースが非常に多いです。

 

周囲になかなか相談できる人がいないというのも、改善を難しくしている要因となっています。
本当は専門家に相談できればいいのですが、どのように相談すればいいのかもよくわからないですよね。

 

このように、なかなか相談できる人がいないという時には、
自分で症状を改善するための方法を勉強するということも大切になってきます。

 

複数の方が発達障害を改善するために活用したマニュアルもありますので、
誰にも相談できずに悩んでいる方は一度目を通してみるといいかもしれませんね。