ADHD アスペルガー 相性

ADHDとアスペルガーの相性はいいってホント!?

スポンサーリンク

アスペルガーの人は、こだわりが強く一方的に話してしまうのに対して、ADHDの人はマイペースなので聞いているところは聞いていて、聞き流すところは聞き流しています。

 

お互い反発するようなことはないので、相性はいいとされています。
ただし、関わり方によって相性がいいか悪いかは変わっていきます。

 

ADHDやアスペルガーの人でも、あうひともいればあわない人もいます。
人によって距離感が違いますので、必ず相性がいいとは限りません。

 

もちろん、相性がいいケースが多いですがその人にあった対応をしなければいけないので何が好きで何が嫌いかを判断するとよいです。

 

発達障害だと様々な人がいます。
それぞれのいいところと悪いところを理解していくことが大切です。

スポンサーリンク

ADHDは注意力散漫で飽きやすいので、変化を求めている傾向が強いです。
アスペルガーだとこだわりが強く、同じ行動をとる傾向があります。

 

見方によっては、同じようなところも多いので相性が悪くないですがそれぞれ違います。

 

ADHDの人であっても、様々な要因が関わることで少し違った行動を起こすこともあります。

 

アスペルガーの人はコミュニケーションが困難ということが多いですが、人にある程度慣れて問題なくコミュニケーションがとれることもあります。

 

もちろん、特徴としては変わりませんが関わった人によっても変わります。

 

ADHDやアスペルガーの人は、関わりやすいこともありますが違うことも多く、話がかみ合わないことも増えていきますが、きちんと理解すれば難しい人間ではないことが分かります。

スポンサーリンク

 

 

ADHDを自分で改善するには

 

ADHDをはじめとする発達障害については、症状にも自分ではなかなか気が付きにくく、対処の仕方もよくわからないというケースが非常に多いです。

 

周囲になかなか相談できる人がいないというのも、改善を難しくしている要因となっています。
本当は専門家に相談できればいいのですが、どのように相談すればいいのかもよくわからないですよね。

 

このように、なかなか相談できる人がいないという時には、
自分で症状を改善するための方法を勉強するということも大切になってきます。

 

複数の方が発達障害を改善するために活用したマニュアルもありますので、
誰にも相談できずに悩んでいる方は一度目を通してみるといいかもしれませんね。