ADHD 診断 何科

ADHDの診断は何科に行けばいい?

スポンサーリンク

ADHDという障害は、先天的な脳の機能異常による発達障害のひとつですので、発達障害を専門に診る精神科を受診すべき障害です。
脳機能の障害だから、脳神経外科などと思われるかもしれませんが、発達障害は精神科領域の障害ですので、精神科の医師に診てもらうべき障害なのです。
また、ADHDは後天的に外傷などを受けたために脳がダメージを受けたために起こるものではなく、先天的な障害です。
ですので、ADHDゆえに起こる症状について、親や周囲の大人、また職場の上司や先輩にひどく叱られてしまっても、本人の努力不足などではないということを、しっかりと理解しなくてはなりません。
我が子がADHDではないかと思っている親御さんは、小児科などではなく、精神科か子供専門の精神科を受診させると良いでしょう。
医師にもそれぞれが標榜する専門領域がありますので、子どもだからと言って小児科を受診させてもあまり意味がありません。
結局精神科に紹介されてしまいます。

 

スポンサーリンク

 

大人になってから、自分はADHDなのではないかという疑いを持っている方の中には、精神科にかかることを少し躊躇っている方もおられるかもしれません。
しかし、現在の精神科は従来の暗いイメージではなく、気軽に訪れることのできる場であります。
名前を心療内科やメンタルクリニックと掲げて、患者さんが来やすいように配慮している個人病院もありますので、そういったクリニックに行ってみるのも良いでしょう。
先生はきちんと精神科のことを勉強して熟知されている精神科のお医者さんですので、安心してください。
また、ADHDと診断が下るには最低でも半年くらい通ってから判明することもあります。
似たような症状を持つアスペルガー症候群や、双極性障害の躁転時がありますので、医師は慎重にそれらとの違いを診てくれます。
どういう時に自分が苦痛を感じるのか、どうなりたいのかをメモしておくと、受診がスムーズに行えると思います。
精神科の受診時に、症状をきちんと伝えられる準備をしておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

ADHDを自分で改善するには

 

ADHDをはじめとする発達障害については、症状にも自分ではなかなか気が付きにくく、対処の仕方もよくわからないというケースが非常に多いです。

 

周囲になかなか相談できる人がいないというのも、改善を難しくしている要因となっています。
本当は専門家に相談できればいいのですが、どのように相談すればいいのかもよくわからないですよね。

 

このように、なかなか相談できる人がいないという時には、
自分で症状を改善するための方法を勉強するということも大切になってきます。

 

複数の方が発達障害を改善するために活用したマニュアルもありますので、
誰にも相談できずに悩んでいる方は一度目を通してみるといいかもしれませんね。