ADHD 女の子 特徴

女の子に多いADHDの特徴

スポンサーリンク

ADHDは注意欠如、多動性をもたらす症状です。
ADHDは男の子にも女の子にも起きることがあるものですが、女の子に起きやすいものだといわれています。
ADHDの人は、何らかの理由で脳内の神経伝達物質が分泌されないことで、精神的に混乱しやすくさまざまな問題を抱えています。
物事に優先順位をつけるのが苦手なことや、整理整頓ができない、忘れ物をしやすい、締め切りを守れないことが特徴的です。
また女の子のADHDの人は特徴として、夢想癖があったり、複数の仕事を一度に取り掛かろうとしたりします。
また感情的になりやすかったり遅刻が多いことも特徴的です。
数学や作文が苦手ということもあげられます。
部屋の片付けを苦手とする人も多いようです。

スポンサーリンク

ADHDの専門機関で行われる治療には、薬物療法としてSSRIや抗精神病薬を使う場合もあります。
しかし患者が自分の症状を自己の性格や環境の問題であると考えている場合、カウンセリングで自分の症状を肯定的に受け入れることが重要視される場合もあります。
また患者自身が自分でできる対策もあります。
優先順位がつけられないのであれば、やるべきことの一覧表を作って優先順位をはっきりさせ、予定表を作ると効果的です。
また情緒の安定とパニックの予防のために、自分だけの時間と場所を設けることもいいでしょう。
自分の症状を自覚すればそれに応じた対策をとることができます。
自分を卑下せず感情的にならずに、人生を楽しく過ごせるように努力することが大切です。

スポンサーリンク

 

 

ADHDを自分で改善するには

 

ADHDをはじめとする発達障害については、症状にも自分ではなかなか気が付きにくく、対処の仕方もよくわからないというケースが非常に多いです。

 

周囲になかなか相談できる人がいないというのも、改善を難しくしている要因となっています。
本当は専門家に相談できればいいのですが、どのように相談すればいいのかもよくわからないですよね。

 

このように、なかなか相談できる人がいないという時には、
自分で症状を改善するための方法を勉強するということも大切になってきます。

 

複数の方が発達障害を改善するために活用したマニュアルもありますので、
誰にも相談できずに悩んでいる方は一度目を通してみるといいかもしれませんね。