ADHD 仕事 辞めたい

ADHDの人が仕事を辞めたいと考えないようにするには

スポンサーリンク

人生において仕事をする意味は人それぞれですが、生きがいを感じるために必要なものになっていることは確かです。
周りの人と力を合わせプロジェクトをやり遂げた時などは、達成感や充実感で満たされます。
そのように、人生の重要な部分を担う仕事ですが、苦悩を感じている人もいます。

 

ADHDで悩まされる人は、その症状ゆえに仕事を辞めたいと考える人も少なくありません。
本来、達成感や充実感で満たされるなどして、人生の生きがいの一部となるべきものを辞めたいと思うのですから、本人にとっては余程のことが起きているのです。
よくある例では、色々な計画を立てるのですが、その一つ一つはどれも中途半端になってしまい、結局期日に間に合わなくなるというものです。
本人は一生懸命にやっているのですが、結果が出せないことになります。

スポンサーリンク

ADHDでは、一生懸命にやっているからこそ空回りするため、辞めたいとまで考えるようになってしまいます。
これに対処していくには、本人の努力と職場の人の協力が必要になります。
どれも中途半端になってしまうという例では、本人なりに作業の優先順位をつけて、一つのことが終わったら次のことに移るように細かく区切っていくという方法が有効です。
職場の人も、本人の症状をよく理解して作業を依頼するようにするとよいです。
具体的には、本人のペースを乱さないようにすること、できない部分は補うように助けていくことがあげらます。
ADHDの人は自分ひとりで抱え込む傾向があるため、職場の人の協力は何よりも助けとなります。

 

ADHDの人が仕事を続けていけるようにするには、本人の努力と職場の協力の両輪を回すことが大切です。

スポンサーリンク

 

 

ADHDを自分で改善するには

 

ADHDをはじめとする発達障害については、症状にも自分ではなかなか気が付きにくく、対処の仕方もよくわからないというケースが非常に多いです。

 

周囲になかなか相談できる人がいないというのも、改善を難しくしている要因となっています。
本当は専門家に相談できればいいのですが、どのように相談すればいいのかもよくわからないですよね。

 

このように、なかなか相談できる人がいないという時には、
自分で症状を改善するための方法を勉強するということも大切になってきます。

 

複数の方が発達障害を改善するために活用したマニュアルもありますので、
誰にも相談できずに悩んでいる方は一度目を通してみるといいかもしれませんね。